俄然強めに「えりモニ。」日記
俄然強めのモーニング娘。第6期メンバーの亀井絵里さん大好き日記♪ 話題の99%が大好きな亀井さんに対する想いを書いた痛い日記です♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Last Diary
2010年12月15日(水)

モーニング娘。第6期メンバー

亀井絵里

モーニング娘。コンサートツアー2010秋 ~ライバル サバイバル~
横浜アリーナ公演にて、無事、モーニング娘。を卒業。



本当は、もっと早くこのブログも最後の日記を更新して終了させる予定だったけど、卒業公演後、完全燃焼して燃え尽きてたり、仕事が忙しくなって、ゆっくりブログも書けず。

絵里の誕生日の12/23に最後の更新をしようかと思ってたら海外出張が入って更新できず・・・。
そして年末12/31に最後の更新しようかと思ったけど、実家に帰省中でパソコン使用できなくて更新できず・・・。

年が明けて、ハロコンで新生モーニング娘。を見て最後の更新をしようかと思いきや、新メンバー追加で新生モーニング娘。は春までお預け・・・。

2月に新メンバーを含めたイベントもがあったものの、ほとんど歌うこともなかったので更新せず。

いよいよ新生モーニング娘。のコンサートツアーが始まる!と思ってた初日の座間公演も、東日本大震災による影響で延期。

そして先日4/9、滋賀公演にて新生モーニング娘。のツアーを拝見。


なので、ようやく最後の日記を更新・・・。



2010年8月8日(日)

ハロー!プロジェクトのコンサートにて卒業が発表された。

突然の発表にショックはあったけど、この時に悲しみと言う感情は少なかった。
ただ、この日は単休だったし、経済的なこともあって、行けるけど行かなかった公演で、1番大切な人の1番大事な発表に立ち会えなかったことが今でも後悔し切れない・・・。

卒業発表後、徐々に寂しさの感情は溢れてきて、ふとした時に自然に涙が流れてきて、自分でも何がしたいのか、何をすべきなのかを悩むようになった。

絵里が決めた卒業だから、自分に出来ることは絵里が安心して笑顔で卒業してくれることをするのみ。
卒業はイヤだけど、反対ではない。
絵里が悩みに悩んで決めたことだから、ファンとしては自分の気持ちだけで反対することはできない。

だから、


・絵里が悔いなくモーニング娘。を卒業できるよう、全力でサポートすること。
・自分が納得できる応援を貫き通すこと。
・絵里の前では絶対に泣かないこと。


この3つに絞って、絵里が卒業するその日まで突っ走ろうと決意。

そして、今までと少しでも違うことをやりたいと思って、8/10からアメブロ(http://ameblo.jp/eririn1223/)で毎日日記を更新することに。
(前に開設していたので、正確には再開)

124日間、毎日更新で合計144回の更新。
改めて読んでみると、誤字脱字、無駄な長文、バカな発言多数で反省箇所多し。
でも、その時の正直な気持ちが書かれてると思う。

悩みながらだったけど、結果として応援に関しては、自分でも褒めてあげたいと思う。
絵里だけのことに必死になるんじゃなく、絵里のことを最大限に思いつつ、自分の気持ちにブレなく応援出来たし、数多く公演数を増やすのではなく、1公演1公演を全力でやれたと思う。

最後の日に近付くにつれ、ファンとして絵里の涙に応えれたと思えるようになったし、絵里が涙の時でも笑顔の時でも一緒に走ってこれたと思えるように感じたし、何より絵里から大事に思われてることが実感できた。

自分の中で自分の為だけじゃなく、絵里の為に頑張ったと思えたし、認知とかレスとかあれば嬉しいけど、そんなことだけじゃないと感じられたし、絵里は一生懸命頑張ってるファンをしっかり見ててくれてるし、「ありがとう」って気持ちがと尋常じゃないくらい伝わってきた。

涙と笑顔で完全燃焼をした亀井絵里。
最後まで全力で走り抜けた亀井絵里。
ありがとうって気持ちを伝えきった亀井絵里。

迷うことなく自分の為だけじゃなく絵里の為に頑張れた。
何かを犠牲にしたり、自分で後悔をするようなことなく自分の気持ちを最後まで貫き通せた。
胸を張って、絵里のことを応援できたと言える応援ができた。

2010年12月15日、絵里も自分も完全燃焼できた。
最高のカタチで卒業ができた。

今だから言えることかも知れないし、年月が経てば薄れゆく気持ちかも知れないけど、


心の底から亀井絵里が大好きでした。
そして、これからもずっと大好きです。

あと何年ヲタ生活が続くか分からないけど、誰かを絵里以上に好きになったり一生懸命に想うこともないだろうし、ここまで一生懸命に走り抜けることもないと思う。

ルックスも性格も好みの食べ物も何もかもが違うけれど、絵里以上に大事な人はいないし、絵里以上に大切にしたいと思う人はいない。

これからもモーニング娘。を応援していくし、誰かを推し始めて、今の気持ちがドコかに行くかも知れないけど、何よりも誰よりも亀井絵里が大好きだったことだけは忘れずにいたい・・・。


亀井絵里を応援し続けた日々、とても幸せでした。
2005年8月に絵里のファンになってからの約2000日、楽しいこと嬉しいこと沢山ありました。
絵里の笑顔に元気を貰い、絵里の歌声に頑張ろうって気持ちも貰い、絵里のポケポケな言動に心のゆとりを貰いました。
最高のカタチで絵里を見送ることができ、自分自身のファンとしての活動も最高のカタチでゴールをすることができました。

数え切れない写真やDVD、CD、絵里のことを思い出すのには多すぎる量だけど、まだまだ知らない新しい絵里の姿を見たり、成長していく絵里の歌声を聞けなくなるのはサビしいけど、絵里から貰った沢山の優しさや元気や笑顔や頑張ろうって気持ちや色んな感動を胸に、これからも歩き続けたいと思います。




大好きな亀井絵里さんへ・・・。


伝えたいこと、話したいこと、沢山あったけど、あなたのファンであった事を誇りに思いますし、何よりあなたを応援してきた毎日が幸せでした。
あなたを応援してきて本当に良かったです。
これからは、イチファンとしてあなたがずっとずっと笑顔での幸せでいてくれることを願っています。
全ての気持ちを言葉(文章)にすることはできないけれど、あなたのファンになれて本当に幸せでした。


ありったけの気持ちを込めて、


ありがとう・・・




2011.4.10 
スポンサーサイト

テーマ:独り言 - ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。